月別 アーカイブ

カテゴリ

side_menu_title.jpg
初めて結婚相談室を利用するのですから、不安や疑問等を持つのは当然だと思います。無料の初回相談にて詳しくシステム等の説明をさせていただきます。

住所 : 〒376-0011
群馬県桐生市相生町5丁目536-1
ネプチューン2-A
地図を見る
QRコード

HOME > What's New > アーカイブ > 婚活ブログの最近のブログ記事

What's New 婚活ブログの最近のブログ記事

生搾りモンブラン

伊勢崎市で私用を済ませ、立ち寄ったのは伊勢崎市宮子町の「Aldewarth the cafe」さん。

シンプルでモノトーンな感じの、今風な内外装のお店です。

(建物の外観画像だけは、撮影するのを忘れたので、お店の公式サイトからお借りしました。)

平日の午後2時30分くらいでしたが店内はとても賑わっており、人気の程が伺えます。

しかし、イートインスペースには所々に仕切りが設置してあるので落ち着くことができ、コロナ対策にもなっていると思われます。

この日は、スイーツ系よりも食事系の物が食べたかったので、サクサク生地で食べ応えのあるミートパイと、スッキリとした飲みやすい味わいのアイスコーヒーをいただきました。

そして、妻が注文したのは「イチゴの生搾りモンブラン」とホットコーヒー。

生搾りモンブランという名の通り、作り置きではなく注文後、店員さんが丁寧に仕上げてくださいます。

美味しそうなビジュアルのイチゴが乗ったモンブランを半分に割ってみると、外側から順にイチゴクリーム、クリーム、メレンゲの順で構成されており、更にイチゴソースが溢れ出てきました。

「イチゴの生搾りモンブラン」は1月限定メニューのようで、月ごとに異なる食材を使用したクリームによるモンブランを味わうことができるようです。

この日は、定番と思われる「栗の生搾りモンブラン」も販売していました。

帰る前に、追加注文した「紅茶とオレンジのタルト」も美味しかったです。

店員さんもとても親切な「Aldewarth the cafe」さん。デートにもおすすめのお店です。


「ハウス・オブ・グッチ」

1995年、イタリアの老舗ブランド グッチの3代目社長マウリツィオが路上で何者かに銃殺され、その首謀者が妻であるパトリツィアであったという衝撃的な実際の事件を、1970年代から1990年代を舞台に、事件に至るまでの二人の関係とブランド創業家であるグッチ一族が骨肉の争いにより崩壊していく過程、更にはその後の新たな資本になってからのトム・フォードの起用によりブランドが復活を果たすまでを描いたリドリー・スコット監督による作品。

1997年のジャンニ・ヴェルサーチの事件は知っていましたが、グッチの事件はこの映画を見るまでは知りませんでした。

これまでにリドリー・スコット監督は、エイリアン、ブレードランナー、ブラック・レイン、グラディエーター、ハンニバル、悪の法則など数々の優れた作品を生み出し、そのジャンルはSF、アクション、スペクタクル、スリラーなど多岐にわたり、正に巨匠と呼ぶにふさわしい監督です。 

出演はパトリツィア役をレディー・ガガ、マウリツィオ役はアダム・ドライバー。グッチ家の人々としてアル・パチーノ(レディー・ガガと同じくイタリア系アメリカ人)、ジャレッド・レト(特殊メイクにより全く別人の容姿で出演)、ジェレミー・アイアンズ(ベン・アフレック版バットマンで執事アルフレッド役でした)。そして、現在グッチを保有しているフランスを本拠地とする企業「ケリング」の会長の妻であるサルマ・ハエックが、パトリツィアの専属占い師でありマウリツィオの事件にも関係がある役を演じているのは、監督が意図的にキャスティングしたのでしょうか?

音楽はブロンディ、デヴィッド・ボウイ、ジョージ・マイケルなどの曲、クルマはランボルギーニ・カウンタック、マセラティ・インディ、初代フィアット124スパイダー、ポルシェ924とおそらく第2世代911タルガ、アウトビアンキA112、アルファ ロメオ75と155のパトカーなど映画で描かれた年代のものが使用されていたので、衣装・装飾・小道具なども当時にこだわって制作されていると思われます。

それにしても、本作で描かれたグッチ家のスキャンダルは創業家による家族経営時代の事件であり、現在のグッチは全く別資本の会社なので関係ないと言えばそれまでですが、ブランドのイメージを考えると「よろしくない」と思われる内容の映画なので、これを許す寛容さはなんとなくイタリア的だと感じました。アラン・ドロン主演の古い伊仏合作フィルム・ノワール「ビッグ・ガン」ではマフィアがアルファ ロメオのディーラーを装って暗躍しているという設定でした。もちろんフィクションなのですが、この映画を見た時にも、イメージ的なことを考えると、アルファ ロメオの余りにもなおおらかさに驚きました。

「ハウス・オブ・グッチ」は夫婦間に亀裂が生じる過程が描かれた内容なので、デート向きではないと思われます。

しかし、とても見応えのある良いサスペンス映画でした


「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」

トム・ホランド演じるスパイダーマン3部作の最終章である「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は過去のトビー・マグワイア版と、アンドリュー・ガーフィールド版のスパイダーマンをも含めた「マルチバース」という手法を取り入れた集大成的な内容の作品でした。

マルチバース(多次元宇宙論)は理論物理学と呼ばれる分野の、かなり複雑な理論のようですが、アメコミにおいては、「いろいろな宇宙が存在し、同じようなキャラクターがそれぞれの宇宙で同じような生き方をしている」というようなことだと思われます。

(DCの今年公開予定「ザ・フラッシュ」でもマルチバースにより、過去にバットマンを演じたマイケル・キートンとベン・アフレックがそれぞれバットマン役で出演するようです。)

前作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」は、主人公ピーターが秘密にしていたスパイダーマンであることが全世界の人々にバレてしまったシーンで終わりました。

今作では、ピーターがドクター・ストレンジに魔術により人々の記憶から自分がスパイダーマンであることを消してほしいと依頼しましたが、そのことが災いしてドクター・ストレンジの呪文によりマルチバースの扉が開いてしまい別の宇宙でスパイダーマンと戦ったヴィラン達が出現してしまうという物語。

主人公ピーターを演じるトム・ホランドとヒロインMJを演じるゼンデイヤは、私生活でも恋人同士とのことなのでその演技に注目です。ベネディクト・カンバーバッチ、ウィレム・デフォー、ジェイミー・フォックスなどの名優も出演しており、他に、集大成にふさわしいサプライズ的な俳優も出演していました。

ヴィラン達への救済という心優しいピーターの想いが思わぬ悲劇を生みだしてしまいますが、それでも信念を貫く姿が描かれた、大人から子供まで幅広い層が楽しめる作品です。


「キングスマン:ファースト・エージェント」

表向きはロンドン・セヴィルロウ通りの高級テーラー。しかし裏の顔は世界平和のために活躍する、どこの国家にも属さない最強のスパイ機関「キングスマン」。

前2作は現代が舞台でしたが、最新作のシリーズ第3弾「キングスマン:ファースト・エージェント」は1900年代初頭を舞台にキングスマン誕生の秘話が描かれたオリジン・ストーリー。

第1次世界大戦前後の歴史上の実際の出来事を描き、それらにまつわる実在の人物を登場させ、そこにフィクションであるキングスマンの活躍を組み込んだストーリー展開となっている意欲作で、「1917 命をかけた伝令」を思い起こさせるようなシリアスな戦場の描写や、父と子のヒューマンドラマなども盛り込まれており、「不真面目さ」が売りの従来のシリーズとは、かなり異なるトーンのシーンもありますが、これはマシュー・ヴォーン監督が意図的に仕組んだことと思われ、ちゃんと過激なアクションやブラック・コメディも健在です。

戦争を勃発させ人々を混乱に貶めようとする「謎の悪の組織」がイギリス帝国、ロシア帝国、ドイツ帝国、アメリカ合衆国などに送り込んだのは歴史上のある実在の人物達。

世界平和のためにその企みを暴くのはイギリス貴族のオックスフォード公。貴族ならではのある情報網を駆使して悪の組織から送り込まれたヴィラン達と戦います。

その中でも1番の強敵はロシア帝国・ニコライ2世の元に送り込まれた、夢に出てきてしまうのではないかと思われるほど、かなりインパクトの強いキャラクターが描かれている怪僧ラスプーチン。オックスフォード公とラスプーチンのバトルは見どころの1つです。

主人公のオックスフォード公を演じたのは007のM役でも知られるレイフ・ファインズ。

キングスマン創設メンバーの1人ポリーを演じたのは「007 慰めの報酬」で MI-6 の諜報員を演じたジェマ・アータートン。

といったように007と縁のある俳優も出演しています。

史実とフィクションをたくみにミックスさせた、予測できないストーリーは荒唐無稽ではありますが、とても楽しい仕上がりとなっていました。

年末年始のデートにもおすすめの映画です。


「マトリックス レザレクションズ」

映画「マトリックス」は、斬新でスタイリッシュなアクションシーンばかりでなく、人々が現実と思っている世界は機械が作り出した仮想空間で、実際には人類は機械に支配されているという世界観の中に神秘的な要素も盛り込んだ哲学的とも言われたストーリー。

その後、多くの作品に影響を与え www.youtube.com/watch?v=y1qTP3xYgoU のようなパロディCMまでも存在しました。

18年前に「マトリックス」3部作は、主人公ネオ(キアヌ・リーブス)とヒロインのトリニティ(キャリー=アン・モス)の死をもって完結。

メタバースといった言葉がニュースなどでも話題になっている現在。

今年9月8日に世界同時配信となった最新作「マトリックス レザレクションズ」の予告動画では、死んだはずのネオとトリニティが18年という歳月を重ねた容姿で登場し、モーフイアス(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)だけは若い姿で登場。赤いカプセルと青いカプセル、白うさぎのタトゥーなど1作目の象徴的な映像も確認できました。謎に満ちた予告動画は本編がどのような物語になっているのか様々な想像を掻き立てました。

結果、このシリーズの生みの親であるラナ・ウォシャウスキーが監督・脚本を手掛けた「マトリックス レザレクションズ」は、謎を回収しながら過去作との整合性を違和感なく引き継いだ新たなマトリックスの物語を復活(resurrection)させたのです。

複雑な物語ではありませんが、その世界観、意外な過去作の登場人物、過去作へのオマージュやそれを笑いにしている描写などのことを考えると、事前に3部作を見ておかないと作品の魅力が半減してしまうかもしれません。

仮想空間の場面では富士山、桜、新幹線というステレオタイプな日本を描写した東京が舞台となるシーンや、以前の「マトリックス」でキアヌ・リーブスのスタントダブルを務めた「ジョン・ウィック」の生みの親であるチャド・スタエルスキが俳優として出演しているなど、思わずニヤッとしてしまうシーンも盛りだくさん。

ネオとトリニティのアクション&ラブストーリー 「マトリックス レザレクションズ」 

resurrection が resurrections と複数形になっている所が物語のポイントだと思いました。

デートにもおすすめの映画です。


「愛郷ぐんまプロジェクト」と「シン・ウルトラマン」のロケ地

新型コロナワクチン接種証明などの条件で、群馬県民が県内の宿泊施設に宿泊する場合に割引が適用される「愛郷ぐんまプロジェクト」を利用し「伊香保温泉」への一泊旅行へ出かけました。約2年ぶりの旅行です。

朝11時くらいに群馬県桐生市を出発し12時30分位に到着したのは「伊香保温泉」にほど近い「榛名湖」。

映画「シン・ゴジラ」のコンビ 庵野秀明さん(脚本・企画)樋口真嗣さん(監督)により現在制作中の「シン・ウルトラマン」公式ウェブサイトに掲載されているウルトラマンの写真の背景が「榛名湖」との情報があったのでそれを検証するために訪れました。

https://shin-ultraman.jp/

榛名湖畔に位置する榛名公園・ボート乗り場付近から湖を撮影してみると、どうやら本当にこの付近からの背景で間違いないようです。ウルトラマンの足元に映る特徴的なオレンジ色をした三角屋根の建物や左側の白い四角い建物、山並み等が一致します。

早期の公開が待ち望まれる「シン・ウルトラマン」。主演の斎藤工さんの役名は、化学特捜隊のハヤタ隊員なのでしょうか?そうだとすると共演の長澤まさみさんの役名はフジ隊員なのでしょうか?

2023年3月に公開予定の、庵野秀明さん脚本・監督の「シン・仮面ライダー」のロケも11月11日に群馬県高崎市で実施されたことが公式twitter にツイートされています。

(余談ですが、現在放送中の綾野剛さん主演のテレビドラマ「アバランチ」第4話では、群馬県みどり市の恵愛堂病院さんで撮影されたシーンがありました。)

「シン・仮面ライダー」公式ウェブサイトには主演の池松壮亮さんの役名は本郷猛、共演の浜辺美波さんの役名は緑川ルリ子と明記されています。本郷猛だとすると仮面ライダー1号のはずですが、このサイトには仮面ライダー2号のティザービジュアルも掲載されているので、もしかしたら別の俳優が一文字隼人の役名で登場する可能性もあると思われます。果たして、おやっさんも登場するのでしょうか?

プロモーション映像では、当時のオープニングを思い起こさせる懐かしの主題歌と共にサイクロン号やショッカーの怪人 蜘蛛男の姿が確認できます。

https://youtu.be/R2Xi85vmSfc

「シン・ゴジラ」の内容から推測すると、2本とも何らかのメッセージ性の強い作品になると思われます。

「榛名湖」を後にして伊香保温泉の観光スポット「石階段」を散策し、午後3時に今夜宿泊する「洋風旅館ぴのん」さんに到着。

徒歩5分ほどの「松本楼」さんの姉妹館なので、こちらの温泉にも入ることができます。

こぢんまりとしたアンティーク調の内外装が特徴的な「洋風旅館ぴのん」さんは、食事も美味しく、スタッフの皆さんのサービスも良く、雰囲気も良い、とてもコスパの高い宿でした。

おすすめです。

2021年 都道府県別魅力度ランキングにおいて、群馬県が前年度から順位を四つ下げ44位になったことから山本一太群馬県知事が「激おこ」のようですが、伊香保温泉、草津温泉などたくさんの温泉があり、多くの映画やドラマのロケ地にもなっている群馬県。次回は順位が上昇することを願います。


「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

ジャーナリストのエディと彼に寄生したシンビオートと呼ばれる宇宙生命体のヴェノムが一体となり、悪と戦うというマーベルのダークヒーロー映画第二弾「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」

主人公エディを演じるのはシリアスな役からコメディまであらゆる人物を変幻自在に演じる次期ジェームズ・ボンド役候補としても名前があがっているトム・ハーディ。

そして今回登場する凶悪なヴィランはシリアルキラーのクレタスと一体化したシンビオートのカーネイジ。
収容されていた刑務所の警官や受刑者を虐殺し刑務所を脱出し、別の場所に収監されている恋人のシュリークを奪還し逃亡劇が始まります。

クレタスを演じるのはウディ・ハレルソン、シュリークを演じるのは007マニーペニー役のナオミ・ハリス。2人の名優がヴィランを演じるのも見どころの一つです。

この恋人同士の二人の逃亡劇が劇中の台詞では「俺たちに明日はない」のボニーとクライドになぞられていましたが、ウディ・ハレルソンが演じているので「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のミッキーとマロリーを思い浮かべてしまいました。

監督はアンディ・サーキス。かつてはモーションキャプチャでゴジラやコングを演じた経験がVFXによるヴェノムとカーネイジとの戦いに生かされていると思われます。(来年公開の「ザ・バットマン」ではアンディ・サーキスが俳優としてアルフレッド役で登場するようです。)

「ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ」は、ホラーやバイオレンスアクションの要素を取り入れながらも、ポスターから想像するほどのハードさは無く、基本的にはコメディ映画で、エディとヴェノムのユーモラスな掛け合いと奇妙な友情を楽しむことのできる作品です。

デートにもおすすめの映画です。


ランチ

住宅街の高台に佇む雰囲気のある一軒家の建物が特徴的なレストラン「プリマヴェラ」さん(足利市八幡町)へ行ってみました。

イタリア料理のお店ですが駐車場の隅には、オーナーさんの所有と思われるフランス車のルノー カングーと、もう1台店名が書かれたルノー キャトルが駐車してあり、お店の雰囲気に溶け込んでいました。

4種類あるランチメニューからパスタセットを選択。

前菜はキッシュ、大根のマリネ、小魚のフリットの3種

美味しいドレッシングのサラダ

パスタは20種類以上の中から選ぶことができましたが、結局選んだのはトマトソースのペスカトーレ。パスタを食べる時にはほとんどこれを選んでしまいます。

妻はツナと茸のトマトソース ボスカイオーラを注文。

ドルチェは選択できませんが2種類が運ばれてきて、私にはカボチャプリン、ユズソルベ、フルーツの盛り合わせ。妻には抹茶のティラミス、イチゴソルベ、フルーツの盛り合わせが提供されました。嬉しいサービスです。

ドリンクはアイスコーヒーとアイスレモンティー。

全体的に素材の味を生かしたシンプルな優しい味付けで美味しかったです。

デートにもおすすめのお店です。


ランチ

今年8月にOPENしたばかりという、足利市大月町のスリランカ料理のお店「シナモンガーデン」さんへ行ってみました。

無国籍な感じの外観と内装のお店です。

 

11時に入店したので先客はなく、ビュッフェ形式の料理をスリランカの方と思われる店員さんの説明を聞きながらゆっくりと楽しむことができました。

食事を終了し会計を済ませたタイミングで女性2人組のお客さんが入店されました。

バスマティライス

店員さんがヌードルと呼んでいた麺料理は、ビーフンと野菜を炒めたような料理で塩味でした。名前はわかりませんが別添えの甘辛いペースト状の調味料を混ぜていただくようです。

骨付きチキンが入ったチキンカレーはスパイシーでかなり辛かったです。

マイルドなココナッツミルク入りのジャガイモのカレーには干した小さな魚が入っていました。

大き目な魚の切り身が入ったフィッシュカレーは少し塩辛かったです。

ココナッツミルクと豆のカレーは優しい味わいでした。

パパダンと呼ばれる揚げたパリパリとした食感のチップスは、インド料理のパパドに似ていました。

ココナッツと玉ねぎなどの野菜とスパイスを混ぜたサラダのような料理はココナッツ・サンボールという名前のようです。

店員さんがピクルスと言っていた、ニンジンやスリランカから取り寄せたという小さな玉ねぎなどが入った甘酸っぱい味の料理は、ちょうどラッキョウのような感じで、スパイシーなカレーによくマッチしていました。

デザートは無糖のヨーグルトにキトゥルパニをたっぷりかけていただきました。

キトゥルパニと呼ばれるシロップはメイプルシロップのような味わいで、クジャク椰子という椰子の一種の花から採取した液から製造された甘味料なのだそうです。

 

 

スリランカ料理は南インド料理のミールスのような味わいでしたが何となく和の感じもあったので不思議に思い、家に帰ってから調べてみると、モルディブフィッシュと呼ばれる日本の鰹節のような食材を多用して調理をするらしいのです。この食材の旨み成分が何となく和の感じを醸し出していたのだと思われます。

初のスリランカ料理、美味しくいただいてきました。


ランチ

京都ご出身の店主さんによる、美味しい蕎麦がいただけるという事で行ってみたのは、桐生市東の「そば処 みさき」さん。

和の中にモダンさも感じる外装と内装です。

早速メニューを見ると、細麺又は中太麺から麺の太さを選べるせいろ蕎麦、太麺の粗挽き田舎せいろ蕎麦、さらしな蕎麦、十割そばなど種類豊富です。温かい蕎麦は関東風又は関西風の出汁を選択できるようです。

今回は、一日5食限定という十割蕎麦を大盛りにしていただき、更に じゃこ山椒おにぎり、ミニ野菜天ぷら、おばんざい一品がセットとなった、何となく京都ぽい感じがする平日限定ランチセットを注文してみました。

少し太めで若干ざらつき感があり風味の良い十割蕎麦、濃厚な見た目に反して塩味と甘味のバランスが良い意外とマイルドな出汁。

山椒の香りが効いたじゃこ山椒おにぎり、天ぷらは椎茸、茄子、南瓜など5種類くらい。

メニューには一品と書いてあったおばんざいは嬉しいことに三品あり、茸と青菜のゆず風味和え物、大根の酢漬け、胡麻和えの野菜は何なのかわからなかったので店主さんに聞いてみると芋がらだと教えてくださいました。

最後にいただいた濃厚でドロッとした蕎麦湯も特徴的。

美味しく上品で体に優しいヘルシーな料理の数々でした。

デートにもおすすめです。

食事を終えてお店を出る際に、店主さんが「おおきに」と言ってくださったのが何故か新鮮で嬉しかったです。


1234567891011

« イベント情報 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ